動画まとめ運営法

【2021年】今後のエロ動画まとめサイト運営における9つのルール

セイヤです

2020年10月にリーチサイトを取り締まる法律が施行され、フェイクポルノを含むリーチサイトの運営者が逮捕されました。

更に2020年12月15日、動画アップロードサイト大手のPornhubが、リベンジ・児童ポルノ動画がサイト内にアップロードされていた事を指摘され、未認証ユーザーがアップロードした動画がすべて凍結。

これにより、Pornhubの動画を共有していた動画まとめサイトでは、ほとんどの記事で動画が見られない状態になってしまいました。

さらに、これらがキッカケで動画まとめサイトへの広告配信を停止するASPも出てきており、

もしあなたが、動画まとめを現在運営しているのなら、続けるべきか辞めるべきかで迷っているのではないでしょうか。

できれば、別のジャンルにシフトを変えず、動画まとめを運営し続けたいと考えていませんか?

  • 動画まとめを運営し続けたい
  • まとめサイト運営でリスクはなるべく避けたい

この記事では、動画まとめサイトを運営するために気をつける事やしてはいけない事、そして今後のエロ動画まとめ運営における7つのルールについて紹介させていただきます。

この記事で紹介している内容は、各ASPや某AV販売サイトの担当者と話し合った上での個人的な見解です。

僕が15年かけて習得した、

AVレビューサイト運営のノウハウをまとめたマニュアル。


>>AVレビューサイト運営マニュアルの詳細を見る

エロ動画まとめ運営における7つのルール

1.無修正を扱わない

ご存知の方も多いと思いますが、日本国内のサーバーを使用して無修正コンテンツを扱う事は違法です。

よって、動画まとめで無修正の動画を共有するのはNGです。

これは2021年以降も国内でしてはいけない行為なので、どうしても無修正コンテンツでサイト運営したい場合は、海外に移住するか、海外サーバーを契約して海外に住んでいる人にサイトを更新してもらう必要があります。

詳しくは、下記のページで無修正サイトの運営法について詳しく書いていますので、よろしければご覧ください。

無修正アダルトサイトのやり方。国内からでも運営は可能か?検索エンジンなどでアダルト関連のワードを検索すると、 日本語なのに無修正のコンテンツを取り扱っているサイトを見た事がある人は多いと...

2.フェイクポルノを扱わない

前置きでも書きましたが、2020年10月にリーチサイトを取り締まる法律が施行され、その後すぐにフェイクポルノを取り扱ういくつかのサイト運営者が逮捕されました。

この法律が施行される前までは、フェイクポルノ専門のアップロードサイトや、それらのサイトにリーチをする「まとめサイト」がいくつかありましたが、今はほぼ消滅しています。

リーチ行為以前に、フェイクポルノは肖像権侵害などのトラブルになりかねません。

このようなブラックなサイトはアクセスは集まりやすいかもしれませんが、ASP側の規約に違反するため、広告の配信はできません。

アクセスは稼げてもお金が稼げないので、運営するメリットはほぼないでしょう。

3.児童ポルノを扱わない

児童ポルノは無修正よりも取り締まりが厳しく、ほぼ全世界で違法とされています

個人撮影や自撮り動画などを共有する際に、少しでも「児童かもしれない」という動画であれば、絶対に共有してはいけません。

国内向けの正規で出回っている動画や、たまたま無修正コンテンツが混ざってしまった場合は、注意や削除依頼などで済むことが多いですが、

児童ポルノは事前注意などなく、前触れなしに警察が家に来る可能性がありますので、注意が必要です。

4.個人撮影・自撮り系を共有しない

アップロードサイトにある動画は、おそらく個人撮影や自撮り系の割合が多くを占めています。

その中には、演出ではなくリアルなリベンジポルノや児童ポルノなどが混入している事が多く、著作権違反だけでは済まない可能性もあるので、共有するには十分な注意が必要です

後でも説明しますが、国内で販売されている大手メーカーなどの作品を共有した場合、動画の内容に問題があれば削除依頼のメールが事前に来る事がほとんどですが、

インディーズメーカーや個人の場合、事前通告など無しで起訴する内容を送りつけ、損害賠償を請求されるケースが非常に多いです。

もし動画アップロードサイトで個人撮影や自撮りの可能性がある動画を見つけても、安易に共有はしないでください。

5.フル動画(完全版)を共有しない

フル動画の共有は著作権違反を含め、マナーもモラルもない行為です。

さらに高画質で見られてしまうような動画は、メーカーにとっては大迷惑で、売り上げにもならず何のメリットもありません。

共有するのは絶対にNGです。

リーチ規制後に、おそらくフル動画を共有したことが原因で逮捕された方もいるので、絶対にしないでください。

リーチサイト開設と運営の男逮捕!私のエログは大丈夫!?2020年11月19日、「俺の嫁ちゃんねる」といういわゆる動画まとめ(既に削除済)サイト開発者と運営者二人が著作権法違反と名誉棄損で逮捕...

6.過去に投稿された動画を使用する

動画まとめサイトというジャンルは10年以上も前から存在しており、

新作は共有するな

という勝手に作られた暗黙ルールがあるそうです。

本当は1分でも駄目ですが、もしブログで紹介したいのであれば、

投稿された日から最低1年以上経過・5分~30分以下の低画質の動画を共有するのが、一応マナーとされているようです。

新作かもしれない動画は共有しないようにしましょう。

7.メーカーから許諾を受けたアップローダー、動画を利用する

リーチ規制施行後、メーカーから許諾を受けて無料で動画配信をしているサイトをいくつか見かけるようになりました。

その中でも代表的なのがavhubpipiストリームです。

avhubは閉鎖してしまったようです。

pipiストリームで紹介している動画は、メーカーから直接許可をもらっているそうで、すべての動画を共有することができます。

>>pipiストリームを見る

他にも、xvideosにあるshiroutoTVなど、公式メーカーのチャンネルがアップロードしている動画も共有が可能なので、ぜひご活用ください。

8.削除依頼には必ず対応する

違法の可能性がある動画を共有しても、突然警察が家に来る事はほぼありません。

リベンジポルノやフェイクポルノ、児童ポルノや無修正を除く。

国内にある正規の動画を共有し、違法性のある動画なら、多くの場合はメーカーからの削除依頼がメールで届きます。

この警告を無視し続けたり、コンテンツの削除をしない場合は訴えられる可能性が十分ありえます。

動画まとめを運営する場合は、サイト内に必ずメールフォームを設け、削除依頼には必ず応じてください

9.販売サイトへのアフィリエイトリンクを申請をする事

まとめサイトに動画が増えてきたら(20記事ほど)、共有した動画の販売サイトへアフィリエイトリンクの申請をしましょう。

違法性(リベンジポルノ・児童ポルノ・個人撮影など)のある動画を共有していなければ、アフィリエイトリンクの許可はほぼ取れます。

ただ動画を共有するだけでなく、売り上げに貢献する事を意識して、動画まとめサイトを運営する事が重要です。

エロ動画まとめ運営における9つのルールまとめ

以上が、エロ動画まとめを運営する上でのルールです。

基本的に下記の事に気をつけていれば、今でも動画まとめサイトは運営可能ではと思います。

  1. 無修正・フェイクポルノ・児童ポルノ・フル動画・個人撮影・自撮り動画は共有しない
  2. 動画は1年以上経過・5分~30分以下の低画質
  3. 新作の可能性がある動画の共有はNG
  4. メーカーの許諾を受けたアップローダーを利用する
  5. 削除依頼には必ず応じる

今でも動画まとめサイトに広告を配信できるASPはたくさんありますので、ルールやモラルを守って運営をすれば、今後も続けていけるのではないでしょうか。

動画まとめ運営に関する不明な点などがありましたら、ツイッターからDMをいただければ対応いたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

宜しければツイッターのフォローもよろしくお願いいたします。

この記事は、動画まとめサイト運営を推奨するものではありません。

アダルトアフィリエイター
セイヤ
アダルトアフィリエイト歴16年 / ブラック企業の元作家 / エログ立ち上げ4か月目で月収90万達成 / 現在はSEOメインのエログを21所有で月収250万。一般ブログ3つ月収45万 / エログだけで一軒家を建てました /
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。