日記・コラム

ジャムの法則とは?特化エログをおすすめする理由

ジャムの法則」という言葉を聞いたことはありますか?

カナダのビジネススクールの教授がマーケティングの実験結果として作り上げた法則です。

この法則は、アフィリエイトブログを運営する上でとても参考になる法則で、これを理解する事で「なぜ特化ブログがおすすめなのか?」が理解できると思います。

この記事では、特化ブログの売り上げ率が高い理由を「ジャムの法則」を例に解説させていただきます。

僕が15年かけて習得した、

AVレビューサイト運営のノウハウをまとめたマニュアル。


>>AVレビューサイト運営マニュアルの詳細を見る

ジャムの法則とは?

カナダのあるビジネススクールの「シーナ・アイエンガー」という教授が、スーパーに6種類のジャムを並べた棚と、24種類のジャムを並べた棚の2つを用意し、どちらがどれくらいの売り上げの差がでるのか?

という実験を行った結果の法則です。

そのスーパーには多くの人が訪れ、どちらの棚もジャムを試食した人数は変わりません。

そして、ジャムを購入した人の割合は、24種類の棚のジャムは3%だったのに対して、6種類にした棚のジャムは30%という結果になりました。

ジャンル(種類)を絞り込む事が良い理由

AVのジャンルが数種類しかない場合は、どの作品が良いかすぐに決断ができますが、「AV女優・調教・レ○プ・オ○ニー」など、ジャンルが多すぎると買うのをためらってしまう人が多いようです。

選択肢が多いことは「色々なAVがあって楽しい」など、無料エログを楽しむ分には良いかもしれません。

ですが、この「ジャムの法則」によれば、選択肢が多いことはユーザーを迷わせてしまい、購入率が低くなってしまうようです。

選択肢が多い事で好みの作品が見つかる可能性はあっても、ジャンル(種類)が多すぎる事がノイズになり、ユーザーに購入への障害を与えてしまいます。

  • 選択肢が多いと作品を探すのが面倒になる
  • 選択肢が多すぎる事で「このAVを購入した事で後悔するかも」とユーザーの決断が鈍る

ジャンル(種類)を減らすことで、サイト内の情報が把握しやすくなり、購入を検討するユーザーのストレスを減らす事もできます。

そのため、沢山のジャンルが掲載されているエログよりも、特定のジャンルで絞り込んだエログの方が売り上げ率が高くなるという事が分かります。

ジャムの法則まとめ

ブログで売り上げの成果がなかなか上がらないという人は、「ジャムの法則」をぜひ活用してみてください。

ここまで見て、総合サイトにはメリットがないように思えますが、ジャンルが多いエログの方が、検索されるキーワードの幅が広い分、集客性は総合サイトの方が上です。

特化サイトはキーワードの幅が狭い分、集客性は劣りますが収益性は総合サイトよりも上です。

集客も収益もバランスよく稼ぐなら、それぞれのメリットを組み合わせ、これら二つのサイトを同時に運営する事も、エログアフィリエイトで成功する秘訣の一つではないかと思います。

  • 売り上げ重視なら特化サイト
  • 集客重視なら総合サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

もしよろしければ、ツイッターのフォローもよろしくお願いいたします。

アダルトアフィリエイター
セイヤ
アダルトアフィリエイト歴16年 / ブラック企業の元作家 / エログ立ち上げ4か月目で月収90万達成 / 現在はSEOメインのエログを21所有で月収250万。一般ブログ3つ月収45万 / エログだけで一軒家を建てました /
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。