素材・ツール

ブログを量産にしたい人におすすめ UpdraftPlus Migrator

エログやブログで収入を稼ぎ続けていくためにはサイトの量産は必須です。

ですが、一から量産するとなるとワードプレスのインストール以外に、ワードプレステーマのレイアウトやカテゴリの設定など、すべて最初から作業しなくてはなりません。

そのため、サイト量産を考えているあなたも、この過程が面倒で量産を諦めているのではないでしょうか。

ですが、今運営しているサイトのコピーが簡単に作れるとしたらどうでしょう?

サイトのテーマ・カテゴリやタグの設定もそのままで別のURLにでき、メインサイトと同じサイトが作れるプラグインがあったら大変便利だと思いませんか?

この記事では、僕が使用しているコピーサイト作成プラグイン、UpdraftPlus Migratorの購入方法と、サイトを量産する方法について解説させていただきます。

僕が15年かけて習得した、

AVレビューサイト運営のノウハウをまとめたマニュアル。


>>AVレビューサイト運営マニュアルの詳細を見る

UpdraftPlusとは

UpdraftPlusはWordPress専用のブログをバックアップするためのプラグインです。

無料で利用する事ができ、数あるバックアッププラグインの中でもほぼ正確にバックアップを取る事ができます。

WordPressのバックアッププラグインはミスが多く、特に画像まとめなどファイル数が多いサイトは、正確にバックアップが取れない事があります。

色々なバックアッププラグインを試した中で、UpdraftPlusはどんなサイトでも正確にバックアップを取ることができた唯一のプラグインです。

UpdraftPlus Migratorとは

UpdraftPlus Migratorとは、UpdraftPlusのバックアップ機能に加え、サイトのコピーが作れるバージョンの事です。

Migratorを使えば、異なるURLのサイトにバックアップした内容を丸ごとコピーすることができます。

利用料金は30ドル(約3,100円)で1年間有効ですが、インストールの回数上限がなく、期限内なら無制限にサイトを量産することができます。

ちなみに、サイトをコピーできるプラグインはAll-in-One WP Migrationという無料のプラグインもありますが、こちらはコピーできる容量の制限(有料版は無制限)があります。

無料プラグインは稀にバックアップのミスなどトラブルがあり、コピー先でサイトが壊れてしまう恐れもあるので、たとえ有料だとしてもバックアップ性能がよいUpdraftPlus Migratorを僕はおすすめします。

Migratorまとめ
  • 30ドル(約3,100円)で1年間有効
  • コピーサイトを作る事ができる
  • 期限内なら無制限にサイトを量産できる
  • 複数のサイトで使用できる(本人が所有しているサイトのみ)

Migratorは支払いの自動更新機能が無く、期限が切れるとコピー機能は利用できなくなります。

更新日が近づくとメールで更新のお知らせが届きますので、サイトを量産し続けたい人は購入しなおしてください。

UpdraftPlus Migratorの購入方法

Step1

https://updraftplus.com/migrator/ 内にあるMigrator「BUY NOW」をクリック。

Step2

Product内にMigratorが入っているのを確認できたら「Proceed to checkout」をクリック。

Step3

必要事項をアルファベッドで記入します。

住所や氏名を記入したことで詐欺にあったり、何かが送られてくるわけではありませんが、心配だという人は氏名は「taro yamada」など、適当に入力しても大丈夫です。

メールアドレスとパスワードの項目は、Migratorを利用するためのアカウントです。

ここが間違っているとMigratorをダウンロードする事ができないので、必ず正確に入力してください。

必要事項を記入し終わったら「注文する」をクリックしてください。

この画面は通常アルファベッドですが、入力方法が分かりやすいようにgoogle翻訳で日本語にしました。

Step4

注文が完了すると、Step3で入力したメールアドレス宛に下記の内容のメールが届きます。

赤枠の部分をクリックし、Migratorをダウンロードしてください。

Step5

WordPressのダッシュボード内の左メニューから「プラグイン」にマウスをあて、「新規追加」をクリックしてください。

赤枠の「ファイルを選択」から先ほどダウンロードしたMigratorをインストールしてください。

次の項目で、実際にサイトのコピーを作る方法を解説します。

UpdraftPlus Migratorでコピーサイトを作成する方法

コピーサイトを作成する前に、コピー元とコピー先のWordPressにキャッシュ系やリダイレクト系プラグインがインストールされている場合は、必ず無効化してから作業をしてください。

Step1

まず、コピーをしたいコピー元のサイトにUpdraftPlus Migratorをインストールします。

インストール後、WordPressダッシュボード上部に「UpdraftPlus」という項目が追加されるので、マウスをあてて「バックアップ/復元」をクリックしてください。

Step2

下記の画面が表示されたら「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

バックアップが自動で始まります。

Step2

バックアップが完了したら、赤枠の中の必要な項目をクリックしてください。

分からない人はすべてクリックしてもかまいません。

クリック後、画面上部に「お使いのコンピュータにダウンロード」と表示されるので、データをすべて保存してください。

Step3

次に、量産(コピー)したいサイトにUpdraftPlus Migratorをインストールします。

WordPressをインストールされていない場合は、まずWordPressのインストールから行ってください。

インストール完了後、WordPressダッシュボード上部の「UpdraftPlus」にマウスをあて「バックアップ/復元」をクリックし「バックアップファイルをアップロード」をクリックしてください。

ここへバックアップ用ファイルをドロップ」内に、ダウンロードしたファイルすべてを入れてください。

Step4

データをアップロード後、ブラウザを再読み込みすると「既存のバックアップ」内にアップロードしたデータが入っていると思います。

そのデータの「復元」をクリックしてください。

Step5

下記の項目で必要なファイルにチェックを入れてください。

分からない人はすべてにチェックを入れて「」をクリックしてください。

Step5 重要!

次の画面で「Search and replace site location in the database (migrate)」に必ずチェックを入れてください。

このチェックが外れていると、コピー先のサイトURLがコピー元のURLになってしまいますので、必ず確認をお願いします。

復元を押すと、サイトのコピーが完了します。

ログイン名とパスワードがコピー元に変更されているので、完了したらコピー元のログイン情報を入力してください。

コピーサイトの作成は以上です。

UpdraftPlus Migratorまとめ

  1. UpdraftPlus Migratorを購入する
  2. メインサイト(コピー元)にUpdraftPlus Migratorをインストールしてバックアップ
  3. 量産サイト(コピー先)にUpdraftPlus Migratorをインストールして、コピー元でバックアップしたデータをアップロード
  4. 復元を押してコピー化終了

記事の冒頭でも書きましたが、サイトの量産はとても面倒な作業です。

プラグインを使用しなければ、テーマのカラー決めやレイアウトなどすべて初めから作業しなくてはなりません。

量産しなければと分かってはいるものの、あなたもこの作業が面倒で量産を怠っているのではないでしょうか。

僕もその一人でした。汗

ですが、このプラグインを使用したことで、初期設定などの面倒な作業が省けたので、今では月に二つ以上のブログを量産することが出来ています。

量産する事の面倒な悩みは、このプラグインがすべて解決してくれると思います。

エログもブログも継続的に収益を出し続けるには量産が必要です。

サイトを量産する事を諦めていたのなら、このプラグインをぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もしよろしければ、ツイッターのフォローもよろしくお願いいたします。

Migrator公式サイトへ

アダルトアフィリエイター
セイヤ
アダルトアフィリエイト歴16年 / ブラック企業の元作家 / エログ立ち上げ4か月目で月収90万達成 / 現在はSEOメインのエログを21所有で月収250万。一般ブログ3つ月収45万 / エログだけで一軒家を建てました /
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。